クレジットカード現金化を安全に行うためには

クレジットカード現金化について消費者が不安に感じる点は、主に2つあります。

 

1つは、クレジットカード現金化がクレジット会社の利用規約に違反することです。

クレジット会社では「換金目的」にクレジットカードを使用することを禁止しており、現金化も利用規約違反となります。しかし、クレジットカードで購入した電化製品を本人が使用するか、未使用のまま中古店に売却するか、クレジット会社には分かりませんよね。

クレジットカードを使用した段階では、商品をどのように扱う意図があるのか、ほとんど読み取ることはできません。換金しやすいチケット類を購入しても、実際に使用するかどうかクレジット会社には分かりませんので、一人で何十枚もチケットを購入するなど、不自然な買い方をしなければあまり問題ありません。そのため、1万円や2万円など少額の現金化であればチケット類、5万円以上の現金化を行う場合は電化製品など、金額によって購入する商品を変えることが一般的です。

現金化のサービス業者を利用すると、いくら現金化するためにはどの商品を購入すればよいか、すべて案内してくれるので安心です。

現金化をしていることが発覚すれば、利用者だけでなく業者もペナルティ(加盟店契約の解除)を受けるので、長く経営している業者ほど安心できると言えます。

ちなみに、クレジットカード現金化が発覚する主な原因は、自己申告によるものです。クレジットカード現金化が利用規約に違反すると知らず、業者との間で起きたトラブルをクレジット会社に相談したり、クレジットカード会社からの問い合わせ(高額の商品を購入した場合など、現金化に関わらずクレジットカードの決済を一時中断されたり、電話がかかってくることがあります)に対して「現金化をしている」などと言ったりすると、当然クレジット会社から利用規約違反に問われます。クレジットカード現金化は違法ではありませんが、クレジット会社から厳しい目で見られていることを別れないようにしましょう。

 

もう1つ消費者が不安に思う要因として、悪徳業者の存在があります。悪徳業者とは、不当な還元率でクレジットカード現金化を行う業者、あるいは個人情報を収集することが目的の業者です。ヤミ金を行っている場合も多く、会社の所在地がはっきりしない、サービス内容が二転三転するなど、色々とおかしな部分が多いです。クレジットカード現金化に関するトラブルのほとんどが悪徳業者を利用した場合のトラブルです。

怪しい業者を利用しないということが、クレジットカード現金化を安全に行うための前提となります。