もし合法的なサービスでなかったとしたら?

一番危険な現金化   2016年3月12日   もし合法的なサービスでなかったとしたら? はコメントを受け付けていません。

クレジットカードの現金化は合法的なサービスです。最初にこれを言っておかなくてはならないのは、未だに現金化が違法だという論調が後を絶たないからです。

本当に違法であれば抵触している法律によって摘発・処罰されているはずなのですが、現金化サービスを行ったという理由で摘発された事例はまだありません。

それなのになぜ現金化が合法ではないという意見が根強いのでしょうか。その理由を探ってみましょう。
最大の理由は現金化サービスがここまで注目されて盛況になっていることを快く思っていない人がいるという事実です。貸金業法の改正によってがんじがらめにされているキャッシングローンから、多くの顧客が現金化に流れたことを考えると、キャッシングローンの関係者が面白く思っていないのは確実です。だからと言って嫌がらせのように違法論をふりかざすとは考えにくいですが、急に成長してきた業種が、色々な方面から面白く思われていないことが影響を与えている面はあります。次にカード会社との関係があります。カード会社の中には現金化を前提としたカード利用を禁止しているところがあります。明確に禁止と言っていなくても良く思っていないのは確実なので、カード会社からの横やりによって合法ではないというイメージがまかり通っているのかも知れません。
他にも現金化に対して色々な横やりが入っていますが、最初に申し上げたように未だかつて現金化をしたという理由で摘発された事例はありませんし逮捕者もいません。それは現金化が合法的なサービスだからです。

詳しく書くと長くなるのでここでは割愛しますが、景品表示法という法律に明記されている方法をとっているので、そこで合法性が肯定されています。
今は全く法律の足かせがない状態なので、今後は何らかの法整備がなされるかも知れないという観測はありますが、仮にそうなったからと言ってクレジットカードがなくならない限りは現金化もなくならないはずなので、これまでと同じように合法的に利用することが可能です。