クレジットカード現金化の換金率はうのみにしないこと!

一番危険な現金化   2018年11月20日   クレジットカード現金化の換金率はうのみにしないこと! はコメントを受け付けていません。

クレジットカード現金化を利用した人でよくあるクレームが「サイトに掲載されていた換金率と実際の換金率が異なる」というものです。

 

では、なぜ広告の換金率をうのみにしてはいけないのかをチェックしましょう。

 

1つ目として、「利用額に応じて換金率は変動する」という点を覚えておきましょう。

利用額が大きくなればなるほど換金率は上昇し、少額利用であれば換金率は悪くなります。

サイトに掲載されている広告では大抵最も良いレートのみを記載しているため、実際に使用した場合と換金率に関する数値が異なる、ということが起こり得るのです。

こうした詳細については大抵サイトに記載されています。もしそうした記載がない場合には、直接カスタマーサポートのコールセンターへ連絡して、現時点での現金化レートを教えてもらいましょう。

 

2つ目のポイントは「現金化には経費がかかる」という点です。

利用者の対応をするオペレーターの給与や、決済代行会社に支払う手数料などはすべて換金時の差額によって賄われています。

また、現金化というシステムを運営するオフィスの維持も経費が発生していることでしょう。

ですから、「97%以上可能」「95%以上確実」といった魅力的な表現を見たとしても、それをすぐ鵜呑みにしないのは賢明なことなのです。