還元率の目安

一番危険な現金化   2016年7月14日   還元率の目安 はコメントを受け付けていません。

キャッシングサービスに金利という業者選びの判断材料があるように、クレジットカード現金化にも同様のものがあります。

それは、還元率です。
還元率とは、クレジットカード現金化サービスの利用者が業者に指定された商品を購入し、業者が手数料を差し引いた上で、その残金の原価に対する割合を算出したものです。

金利は低ければ低いほど利用者にとって有利ですが、還元率は逆に、高ければ高いほど利用者にとってメリットが大きくなります。
しかし、還元率が高ければ高い方がいいといっても、それには限度があります。

前述でもお伝えしましたが、還元率を決める際には手数料が差し引かれます。
実は、この手数料には業者の手数料だけでなく、クレジットカード会社の決済手数料も含まれているのです。

この両者の最低率が5%とされていますので、少なくとも手数料は合わせて10%以上と考えられます。
このことにより、クレジットカード現金化サービスの還元率は最高でも90%となりますので、この数字を超える還元率を提示している業者は、物理的に不自然となるため、警戒した方がよいといえるでしょう。

よって、あまりにも還元率の高過ぎる業者との取引には、十分な注意が必要になります。