なぜ今、クレジットカード現金化なのか

一番危険な現金化   2016年3月18日   なぜ今、クレジットカード現金化なのか はコメントを受け付けていません。

クレジットカード現金化が今もてはやされている理由は何なのでしょうか。
それを知るためには、まず、日本の金融ビジネス事情を理解しなくてはなりません。

通常、何らかの理由でお金を借りようと思ったら、普通はまず銀行に依頼します。
住宅ローン、個人ローンなどがその代表的なものです。
銀行は所定の金利を上乗せする形でお金を貸してくれますが、その場合は当然、返済の義務が生じる事になります。

貸したお金が万が一帰ってこなかったら銀行も大変ですから、その人に返済する能力があるかどうかを、お金を貸す前に審査します。
審査する内容は、他に借金がないか、年収はいくらか、仕事は何か、などなど、多岐にわたります。
このため、実際にお金が借りられるまでには時間がかかり、また最悪の場合、返済能力がないとみなされて貸してもらえない事もあります。

銀行でお金が貸してもらえない人は、消費者金融などの業者にお金を借りる事になります。
金利は高くなるのですが、銀行よりも審査が緩いため、お金が借りやすかったのです。

ところが、消費者金融やサラ金業者の中には、法律違反すれすれの高い金利(グレーゾーン金利)でお金を貸し付け、利用者を追い詰める悪質なところも数多く存在しました。
返済に困って破産したり、自殺したりする人が増えたため、政府が法律を強化。
グレーゾーン金利が撤廃されました。

それまで得ていた高い金利が取れなくなったため、消費者金融でもお金を貸す相手を厳しく審査するようになり、結果、お金が借りにくくなってしまったのです。

そこで注目を集めたのが、クレジットカード現金化です。
すでに所有しているカードを利用するだけなので、事前に審査をする必要がなく、登録手続きさえ済ませればすぐに現金を手にすることができます。
高いキャッシュバック率は法令にのっとったもので、現状、規制される恐れもありません。

クレジットカード現金化は、日本の金融事情の変化に合わせて、人気が出るべくして出たシステムと言えます。