悪質業者の手口ーキャンセル料を請求する

一番危険な現金化   2016年3月21日   悪質業者の手口ーキャンセル料を請求する はコメントを受け付けていません。

カード現金化というのはカード会社には公にできない種類のものであるため、この弱みを利用して悪質な手口を使うカード現金化サービス業者もあります。
その手口の一つが「契約キャンセル料」です。

例えば高還元率をキャッチコピーにした業者のホームページを見た利用者に対し、高額の現金が手に入るなどメリットだけを説明し、契約に持ち込みます。
契約後、実際には○○手数料がかかる等と言ってキャッチコピーよりずっと低い還元率を提示したり、あるいは実際に振込みの段階になって予定をずっと下回る金額を振り込んだりします。
「これでは話が違う」というクレームに対し、それならキャンセル料が発生するとして、高額なキャンセル料を請求します。

キャンセル料を支払ってまで解約したくない人は、そのまま低還元率で泣き寝入りですが、あくまでキャンセルするという人の場合、キャンセル料を支払わされた上に、結局きちんとキャンセル処理をしてもらえない可能性もあります。
業者指定のショップもグルという場合もあり、こうなるとどちらとも連絡が付かなくなって、後に残るのはカード会社に対する支払いのみ。
これでは泣きっ面に蜂ですね。

このような悪質なカード現金化サービス業者に対しては、キャンセル料を支払う義務などないと、断固とした姿勢で拒否することが大切です。
でもそもそもそういった業者に関わらないように見分ける目を持ちたいものですね。