悪質業者の手口ー還元率隠し

一番危険な現金化   2016年3月22日   悪質業者の手口ー還元率隠し はコメントを受け付けていません。

カード現金化サービスを利用しようと考えている人というのは、大抵早急に現金が必要になり困っている人でしょう。
そのような切羽詰った精神状態に付け込んで悪質な手口で相場以下の還元率で取引させようとする業者も残念ながら存在しています。
そのような悪質なカード現金化サービス業者を見極めるために、悪質業者の手口について予め知っておくことは大切です。

悪質なカード現金化サービスの手口の一つに、「還元率隠し」というものがあります。
これは最初に低い還元率を提示しておいて、後でそれより率の良い数字を挙げることで契約に持ち込もうというものです。
具体的に言いますと、例えば最初の問い合わせの段階で還元率は70%だと言い、だから10万円の買い物をすれば7万円で買い取ると言います。
利用者が還元率が低すぎるのでと断ると、次に今利用できるようになったネット通販サイトで買い物をすれば、還元率は80%、つまり8万円で買い取れると言い出します。
還元率が高くなったことで、利用者は喜んで還元率80%で契約します。

しかしそもそも70%→80%という還元率の差は、通常考えられません。
このような場合、最初の70%というのは騙しだったと考えて差し支えないでしょう。
一度断ってもこのように食い下がってくる業者の場合、きちんと断って他の業者と比べてみましょう。